コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凶星 きょうせい

2件 の用語解説(凶星の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

きょうせい【凶星】

不吉な星。悪い星。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

占い用語集の解説

凶星

伝統的な占星術では、良い影響を地球上にもたらす天体を「吉星(Benefics)」と呼び、悪い影響を与える天体を「凶星(Malefics)」と呼ぶ。十大天体では太陽・月・水星・金星・木星の五天体が吉星(Benefics)にあたり、これらの天体は、人間の生活に良い影響を与えるとされる。そして火星・土星・天王星海王星冥王星の五天体が凶星(Malefics)になり、人生に悪影響を及ぼすとされる。

出典|占い学校 アカデメイア・カレッジ
占い用語集について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

凶星の関連情報