凶星(読み)きょうせい

占い用語集の解説

凶星

伝統的な占星術では、良い影響を地球上にもたらす天体を「吉星(Benefics)」と呼び、悪い影響を与える天体を「凶星(Malefics)」と呼ぶ。十大天体では太陽・月・水星・金星・木星の五天体が吉星(Benefics)にあたり、これらの天体は、人間の生活に良い影響を与えるとされる。そして火星・土星・天王星・海王星・冥王星の五天体が凶星(Malefics)になり、人生に悪影響を及ぼすとされる。

出典 占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android