コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凸版印刷[株] とっぱんいんさつ

百科事典マイペディアの解説

凸版印刷[株]【とっぱんいんさつ】

大日本印刷に次ぎ業界2位の印刷企業。1900年合資会社で発足。書籍,雑誌,証券印刷のほか,第2次大戦後,紙器,商業・特殊印刷,建装材にまで広がった。また近年は磁気カード,集積回路用のフォトマスク等のエレクトロニクス部門の比重が高まり,漢字情報処理システム等も開発。インターネット事業にも注力。本社東京,工場板橋,大阪ほか。2011年資本金1049億円,2011年3月期売上高1兆5564億円。売上構成(%)は,情報・ネットワーク57,生活環境24,エレクトロニクス18。海外売上比率14%。
→関連項目印刷業出版デジタル機構東洋インキ製造[株]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とっぱんいんさつ【凸版印刷[株]】

大日本印刷と並ぶ日本印刷業界の大手の企業。1900年,大蔵省紙幣寮(現,印刷局)の技術者3人が,高級印刷技術を用いて民間で有価証券類の印刷をすることを計画,合資会社として設立した。社名は高級印刷方式のエルヘート凸版法にちなむ。08年には株式会社に改組された。大正から昭和にかけて,いくつもの印刷会社を合併して規模を拡大し,第2次大戦後は,高い技術力を背景に印刷の領域を拡大し発展した。凸版印刷の事業内容は大別すると,(1)一般商業印刷,(2)出版印刷,(3)パッケージング,(4)有価証券印刷,(5)建装材,(6)精密電子部品,の六つである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android