コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大日本印刷[株] だいにっぽんいんさつ

百科事典マイペディアの解説

大日本印刷[株]【だいにっぽんいんさつ】

印刷会社。1876年佐久間貞一秀英舎を創業,活版印刷業の先駆となる。1935年日清印刷と合併して現社名。書籍,雑誌のほか,第2次大戦後は商業印刷,特殊印刷などに進出して飛躍的に発展,業界の首位を占める。
→関連項目印刷業出版デジタル機構凸版印刷[株]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいにほんいんさつ【大日本印刷[株]】

売上高において日本のみならず世界でも1位の印刷会社。1876年に創業した日本で最初の本格的印刷企業であった秀英舎(個人経営)がその前身。なお,1935年まで使われた秀英舎の社名は〈英国より秀でるように事業を伸ばせ〉という意味で勝海舟が名づけたものである。秀英舎は,明治の三大名著の一つといわれる中村正直の《西国立志編》の再版の際に《改正西国立志編》として,それまでの木版に代えて日本で初めて活版印刷を行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大日本印刷[株]の関連キーワード凸版印刷

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android