出居の少将(読み)でいのしょうしょう

精選版 日本国語大辞典「出居の少将」の解説

でい【出居】 の 少将(しょうしょう・すけ)

中古、朝廷で儀式を行なう時、出居のについて事を行なう近衛少将。出居の次将。いでいのしょうしょう。
※春曙抄本枕(10C終)一〇九「でゐの少将」

いでい【出居】 の 少将(しょうしょう・すけ)

中古、宮中の儀式で、出居の座について事を行なう近衛少将。出居の次将。
※枕(10C終)一二三「衲(なふ)袈裟。いでゐの少将」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android