出居(読み)イデイ

デジタル大辞泉の解説

いで‐い〔‐ゐ〕【出居】

外の方に出て座ること。
「例はことに端近なる―などもせぬを」〈・薄雲〉
寝殿の庇(ひさし)の内部にある応接用の部屋。のちに「でい」と呼ばれ、接客用の座敷の意になる。出居殿(いでいどの)。いでいのざ。
「―に火をだにもともさず」〈著聞集・八〉
朝廷で、賭弓(のりゆみ)相撲(すまい)などの儀式のとき、臨時に設ける座。また、その座に着いて事を行う人。いでいのざ。
「―につきて賭け物とりてまかでたり」〈かげろふ・中〉

で‐い〔‐ゐ〕【出居】

平安時代、寝殿造りに設けられた居間と来客接待用の部屋とを兼ねたもの。のち、客間をいう。いでい。
出居(いでい)3

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

でい【出居】

寝殿造の邸宅に設けられた接客の場所で,客の入口である中門廊と寝殿との中間にある二棟廊(ふたむねろう)や対の屋の一部が用いられた。ここで主人が装束をつけたり,子弟の元服などの行事を行うこともあった。《源氏物語》に〈客人の御でい,さぶらひと,しつらい騒げば〉とあるように,寝殿造では接客空間が未分化なのが特徴で,常設の客間はなかった。出居は元来〈主人が出でて客と共に居る場所〉を意味し,来客に応じて板敷の床に円座や半畳,茣蓙(ござ)などの敷物を敷いてザ(座)を設け応対する場所であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いでい【出居】

家の中の、庭に近い所へ出て座ること。 「殊に端近なる-などせぬを/源氏 薄雲
寝殿造りで、寝殿と中門廊の間や、寝殿の庇ひさしの間や、二棟廊に設けられた接客のための部屋。主人の居間としても用いられた。いでいどの。いでいのざ。
朝廷で、射儀・相撲の儀式などに際して庭上に設けられる臨時の座。いでいのざ。

でい【出居】

出居いでい」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

でい【出居】

寝殿造りで、応接間兼居間として用いた空間で、二棟廊(ふたむねろう)と呼ばれる渡殿(元来は建物をつなぐ屋根付きの廊下)や庇(ひさし)の一部を区切って設けられた。日常生活や客との対面のほか、元服などの行事が行われることもあった。近世以降には多くの地方で、農家の客間をいうようになった。◇客に応対するために「出て居る」部屋の意。「出居座」「いでい」ともいう。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

出居
でい

「いでい」とも読む。客に応対するために「出て居る」部屋の意で、寝殿造で庇(ひさし)や廊などの一画をくぎって接客用にあてた部分。出居(でい)の間(ま)ともいう。また、ここで元服、袴着(はかまぎ)、裳着(もぎ)などの儀式も行われた。東三条殿(ひがしさんじょうどの)のように中門に近い二棟廊(ふたむねろう)に設けられる場合もあり、入口に近い場所でも客をもてなしたことを示している。中世の書院造でも客間を意味し、のちには、広く座敷をさすようになった。また、朝廷における賭弓(のりゆみ)、仁王会(にんのうえ)、相撲、弓場始(ゆばはじめ)など、各種の儀式のために設けられる座をさし(出居の座ともいう)、そして、出居の座に着いて、定められた儀式次第を行う人をもさした。[吉田早苗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いで‐い ‥ゐ【出居】

〘名〙
① (家の中の外に近い方に)出てすわること。出ていること。でい。
※宇津保(970‐999頃)楼上下「人々反橋に几帳ばかりをたてていでゐしたり」
② 寝殿造りに設けた居間兼来客接待用の部屋。多くは二棟廊と呼ばれる渡殿に設けられる。出居殿。出居の座。のちには多く「でい」と読み、座敷の意。
※宇津保(970‐999頃)菊の宴「母北の方、袖君御簾(みす)をあげていでゐの簀子(すのこ)に〈略〉居て」
③ 朝廷で賭弓(のりゆみ)や相撲(すまい)などの儀式のときに設ける座。出居(いでい)の座。また、その座についてことを行なう人。でい。
※蜻蛉(974頃)下「院の小弓はじまりて、いでゐなどののしる」
④ 出入り口。滝沢馬琴の特殊用語。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)続「毛国鼎は出居(イデヰ)のかたに脆(ひざまづ)きて」

いで‐・いる ‥ゐる【出居】

〘自ワ上一〙 外に出てその場所にすわる。また、そこに居る。⇔入り居る。
※万葉(8C後)一三・三二七四「石が根の こごしき道を 岩床の 根延へる門を 朝には 出居(いでゐ)て嘆き 夕には 入り居て偲ひ」

で‐い ‥ゐ【出居】

〘名〙
① (家の中の外に近い方に)出てすわること。出ていること。いでい。
中務内侍(1292頃か)正応元年一〇月二一日「御所の西に平板敷に紫縁(むらさきべり)敷きて、雑仕二人ていしたり」
② 寝殿造りに設けられた居間兼来客接待用の部屋。多くは二棟廊に設けられる。のちには座敷の意。出居の座。いでい。
※源氏(1001‐14頃)東屋「客人の御でい、さぶらひと、しつらひ騒げば」
※義経記(室町中か)二「わが身もでいの蔀上げて、燈台二所に立てて腹巻取って側に置き」
③ 朝廷で賭弓(のりゆみ)や相撲(すまい)などの儀式のときに設ける座。出居の座。また、その座についてことを行なう人。いでい。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出居の関連情報