出差潮(読み)しゅっさちょう(英語表記)evectional component

海の事典の解説

出差潮

地球をめぐる月の軌道は、太陽の引力の影響を受けるため、完全な長円にはならず複雑な曲線を描く。この摂動部分に起因する月の起潮力成分から多くの分潮が 生じるが、その主要な二項の中で、31.812日の周期を持つものを出差潮と呼ぶ。あと一つの主要項は14.765日の周期を持つ二均差潮である。 (永田

出典 (財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android