出梅(読み)シュツバイ

大辞林 第三版の解説

しゅつばい【出梅】

梅雨の終わり。およそ七月の中旬。梅雨明け。つゆあがり。 ⇔ 入梅

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅつ‐ばい【出梅】

〘名〙 梅雨の終わる日。入梅後およそ三〇日めに当たる。ふつう梅雨は七月中旬に明け、年により遅速があるが、昔は暦の上では夏至後、最初の庚(かのえ)の日を梅雨明けとしたものもある。⇔入梅
※俳諧・滑稽雑談(1713)五月「黴雨〈略〉時珍本草云〈略〉為出梅、又以三月迎梅雨、五月為送梅雨」 〔四時纂要〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の出梅の言及

【梅雨】より

… 梅雨の中休み梅雨のなかばに前線の活動も弱まり,ときに好天気が現れること。 出梅梅雨明けともいう。梅雨が終わる時。…

※「出梅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android