コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出水平野 いずみへいや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

出水平野
いずみへいや

鹿児島県北西部,八代海にのぞむ平野。面積約 70km2。南は出水山地に接し,出水山地から北流する広瀬川,鍋野川,平良川,高尾野川,野田川のつくった複合扇状地と,それに続く沖積低地および海岸の干拓地から成る。扇状地は畑地で,サツマイモ,葉タバコなどを産し,苗木の生産も盛ん。沖積低地では米を栽培。干拓地の荒崎地区などはツルの渡来地として有名。マナヅルクロヅルアネハヅルなどとその渡来地を特別天然記念物として保護。旧街道 (現国道3号線) が中央に通じ,熊本との県境には野間の関所跡,出水市役所近くには出水貝塚などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

出水平野の関連キーワード出水市ツル博物館クレインパークいずみツル越冬地分散化計画ナベヅル放鳥事業出水平野のツル高尾野[町]野田〈町〉出水[市]ツル分散化ナベヅル紫尾山

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出水平野の関連情報