コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出水山地 いずみさんち

4件 の用語解説(出水山地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

出水山地
いずみさんち

別称紫尾山地鹿児島県北西部の地塁山地。最高点は紫尾山 (1067m) で出水平野大口盆地の分水界をなす。森林が多く,北斜面に湯川内 (ゆがわち) ,白木川内,南西斜面に紫尾,宮之城の各温泉がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いずみさんち【出水山地】

紫尾(しび)山地ともいう。鹿児島県の北西部に位置する山地。東北東~西南西の方向にのび長さ約35km,南北約15km。地質は大部分が四万十(しまんと)層群であるが,中央部には花コウ岩があり,それを取り囲んで接触変成岩が分布している。全体として起伏が大きく,急峻であり,最高峰は中央部の紫尾山(1067m)である。この山地の北側には出水平野が位置しており,両者は断層で境されている。そのため南北の交通を妨げ,国道3号線と鹿児島本線天草灘に面する急崖下を通っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕出水山地(いずみさんち)


鹿児島県北西部の山地。最高峰は標高1067mの紫尾(しび)山。東西約35km、南北約15kmにわたり北の出水平野と南の川内(せんだい)川下流の川内平野とを分ける。紫尾山地とも。山麓(さんろく)に湯川内(ゆがわち)・白木川内(しらきがわち)・紫尾などの温泉がある。南麓は川内川流域県立自然公園

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

出水山地
いずみさんち

鹿児島県の北西部に横たわる山地。紫尾(しび)山地ともいう。川内(せんだい)川流域と、出水平野を分け、北部で熊本県水俣(みなまた)市との境界をなす。約400~1100メートルの高度で、出水平野を抱え込むような形で連なる。山地の最高点は南側の紫尾山で1067メートル。山地の北側は安山岩類、東、南側は主として四万十(しまんと)層群からなり、紫尾山を含む山体は花崗(かこう)岩類で形成されている。南北の交通を妨げ、自然、人文の境界をなしている。山地の中央を国道328号、447号、504号、西部を3号と肥薩(ひさつ)おれんじ鉄道が走る。また、出水平野は、これら山地から供給された堆積(たいせき)物による扇状地が主体。ツルの渡来地として知られる。[塚田公彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出水山地の関連キーワード紫尾山地紫尾の露鹿児島県姶良郡鹿児島県鹿児島市鴨池鹿児島県薩摩郡鹿児島県薩摩郡さつま町紫尾鹿児島県鹿児島市下伊敷鹿児島県鹿児島市草牟田鹿児島県鹿児島市武鹿児島県鹿児島市永吉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone