コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出水貝塚 いずみかいづか

世界大百科事典 第2版の解説

いずみかいづか【出水貝塚】

鹿児島県出水市上知識にある縄文時代の貝塚。出水平野平良川扇状地の扇端部が米津川にのぞむ小舌状台地上に存在する。1920年京都大学(浜田耕作),54年河口貞徳・山内清男によって発掘されている。貝塚はカキを主体とし,ハマグリオキシジミウミニナ等の貝種を含む内湾性貝塚である。猪,鹿,犬等の獣骨のほか,矮小馬とされる馬の遺存骨が検出され注目された。出土土器は,アカホヤ層下より押型文土器(縄文早期),貝層下より並木式と阿高式(中期),南福寺式(後期)が出土,貝層中よりは主として,肥厚した口縁部に短沈線による口縁部文様帯を持つ出水式土器(後期)が出土する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

出水貝塚の関連キーワード鹿児島県出水市中央町

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android