出目満照(読み)でめ みつてる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出目満照 でめ-みつてる

?-? 戦国時代の能面師。
三光坊の甥(おい)。越前(えちぜん)出目家初代で出目本家。越前(福井県)府中にすむ。三光坊にまなび一家をなした。文亀(ぶんき)-天文(てんぶん)(1501-55)ごろに活躍。作風は竜右衛門(たつえもん)ににているといわれる。初名は千秋,光広。通称は二郎左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android