コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出糸突起 シュッシトッキ

3件 の用語解説(出糸突起の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅっし‐とっき【出糸突起】

クモの腹端にある突起。出糸腺が開口しており、ふつう三対ある。紡績突起。糸器。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しゅっしとっき【出糸突起 spinneret】

古くは紡績突起,糸疣(しゆう∥いといぼ)などと呼ばれていた。クモの腹部下面後端,肛門の前方にある突起で,系統発生上は腹肢の変化したものと考えられている。クモの全生活を支配する重要な糸を紡出する器官。多くのクモにはこの突起が3対あり(キムラグモ類では4対または3対と1個,トタテグモ類では2対または3対),前から順に前対・中対・後対と呼ばれるそれぞれの突起には多数の吐糸管spinning tubeがあり,これらは異なった糸腺spinning gland(糸物質を分泌する腺)とつながり,糸の用途によって分泌される腺と管が異なる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しゅっしとっき【出糸突起】

クモ類の腹部、肛門の前方にある突起。普通三対ある。出糸腺の分泌物がこの突起から体外へ出る。紡績突起。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone