出納責任者(読み)すいとうせきにんしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

出納責任者
すいとうせきにんしゃ

選挙運動をする際に,その収入と支出の責任者として候補者が選挙管理委員会に届け出た者のこと。原則として出納責任者のみが選挙運動の収入・支出を行うことができる。公職選挙法により候補者は,出納責任者を届け出ることが義務づけられており,候補者本人が出納責任者になることもできる。選挙運動の費用が法定選挙費用をこえる違反を犯した場合は,出納責任者の罪になるが,その刑が確定し選挙人から訴えが起されれば,候補者が当選していた場合,その当選は連座制により無効になる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

すいとうせきにんしゃ【出納責任者】

公職選挙の立候補者が、その選挙運動に関する収入および支出の責任者として選任して選挙管理委員会に届け出たもの。 → 連座制

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出納責任者の関連情報