コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出自体系 しゅつじたいけいdescent system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

出自体系
しゅつじたいけい
descent system

個人を位置づけるための一連の親族関係。最も単純な形式は単系出自であり,これには父系と母系とがある。ヨーロッパにおいては非単系の,双系的あるいは共系的親族体系が形成されており,そこでは親族は父方も母方も対称的に,近接度によって位置づけられている。中国では伝統的な単系 (父系) 的親族体系が形成されており,現代におけるあらゆる民族のなかでも最も典型的に父系制に近づいた民族とされている。中国,ベトナム,北朝鮮および韓国の出自体系の間には大きな類似がみられる。日本の場合は中国の場合とは異なり,非単系的体系であり,同族組織としての性格が強い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

出自体系の関連キーワードレンディーレ族補足的親子関係セクション居住規制

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android