出西(しゅっさい)しょうが

デジタル大辞泉プラスの解説

出西(しゅっさい)しょうが

島根県出雲市出西地区で生産される親指大に株別れしてつながる小ショウガ。繊維質が少なく、強い辛みと上品な甘さがある。栽培の歴史は400年以上と言われ、昭和30年代までは盛んに生産されていたがその後栽培が減少。1998年以降、斐川町特産開発振興会が中心となり、地域特産野菜として復興を目指している。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

出西しょうが[根菜・土物類]
しゅっさいしょうが

中国地方、島根県の地域ブランド。
主に簸川郡斐川町出西地区で生産されている。出西地区でしか育たないしょうが。親指大に株別れしてつながっている小型のしょうがで、堅い繊維質がなく、強い辛みをもつ。香り高い。酢漬け・煮物などに使われる。昭和30年代までは盛んに生産されていたが、その後栽培は衰退。1998(平成10)年、斐川町特産開発振興会により復活。また、生姜糖・カレー・シャーベットなど加工製品も盛んにつくられている。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android