コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生姜糖

大辞林 第三版の解説

しょうがとう【生姜糖】

ショウガの汁を和三盆または白砂糖で固めた菓子。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生姜糖
しょうがとう

金花糖(いたきんかとう)の一種で、ショウガの香りのする砂糖菓子。出雲(いずも)(島根県)と伊勢(いせ)(三重県)の名物である。出雲名物の生姜糖は、特産の出西(しゅっさい)ショウガに着目した松江藩郡奉行所(こおりぶぎょうしょ)書役(かきやく)の来間(くるま)文左衛門が、1715年(正徳5)に創作、一子相伝としてきた。赤銅鍋(なべ)に砂糖2.5キログラム、ショウガ汁36cc、水270ccを加え、炭火で煮て飴(あめ)状になったら型に流し冷却させ、この分量で12枚の生姜糖ができる。伊勢の岩戸屋の生姜糖は、参宮土産(みやげ)らしく神符型で親しまれてきた。[沢 史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android