出雲路 通次郎(読み)イズモジ ミチジロウ

20世紀日本人名事典 「出雲路 通次郎」の解説

出雲路 通次郎
イズモジ ミチジロウ

明治〜昭和期の有職古実家 京都下御霊神社社司。



生年
明治11(1878)年8月8日

没年
昭和14(1939)年11月26日

出生地
京都

別名
諱=敬通(モリミチ),号=春塢

学歴〔年〕
京都市立第一高小〔明治26年〕卒

経歴
明治38年下御霊神社社司となる。一方、内務省・宮内省嘱託として即位大礼、神社奉祀などにおける祭典調度・設備の調査に当たる。皇典講究所、大阪府女子専門学校、京都帝大文学部講師も務めた。著書に「有職故実」「神祇祭祀」「とりのあと―敬通出雲路通次郎遺墨集」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android