函石浜(読み)はこいしはま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

函石浜
はこいしはま

京都府北西部,日本海に臨む京丹後市の海岸。箱石浜とも書く。低い海岸段丘が飛砂でうずまって美しい砂丘をなす。標高 20mの地点から多くの縄文土器や中国古代王莽 (おうもう) の頃の貨幣が出土し,函石浜遺物包含地として史跡に指定 (→函石浜遺跡 ) 。海岸は海水浴場として優れ,球根用のチューリップ,ナシ,モモなどの栽培が行なわれる。山陰海岸国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android