刀俎(読み)とうそ

精選版 日本国語大辞典「刀俎」の解説

とう‐そ タウ‥【刀俎】

〘名〙 とまないた。
太平記(14C後)二八「今の如くんば人は方(まさ)に刀俎(タウソ)たり、魚肉たり、何ぞ辞することをせんや」 〔史記‐項羽本紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「刀俎」の解説

とう‐そ〔タウ‐〕【刀×俎】

庖丁とまないた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「刀俎」の解説

【刀俎】とう(たう)そ

刀と俎(まないた)。料理するもの。〔史記、項羽紀〕樊(はんくわい)曰く、大行は細みず、大禮は小讓を辭せず。如今、人方(まさ)に刀俎爲(た)り。我は魚爲り。何ぞ辭することを爲さんと。~に去る。

字通「刀」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android