(読み)かたな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


かたな

太刀 (たち) ,打刀 (うちがたな) ,脇差 (わきざし) ,短刀などの日本刀の総称。室町時代以後は打刀のみを刀と称している。金属製の長い刃物は弥生時代からあるが,通常日本刀と呼ぶ場合は,平安時代後期以後に作られた湾曲したそりをもつ鎬 (しのぎ) 造りの刀をさす。制作には硬軟2種類の鉄を組合せ,これを打延ばして成形する。原形の完成した刀身は,全体に特殊な土を塗り,刃部の土を薄く削り取って赤熱し急冷する。これによって種々の刃文が作られる。刀の切断面はほぼ縦長の菱形で,この鈍角部を鎬と呼ぶ。刀の柄 (つか) に入る部分を茎 (なかご) といい,ここに作者の銘を彫る。制作の時期により,奈良時代以前の作刀上古刀,安土桃山時代以前の刀を古刀,江戸時代中期までのものを新刀,同末期のものを新新刀と呼んで区別する。通常 30cmまでの刀を短刀,それ以上 60cmまでを脇差,60cm以上のものを打刀または太刀と呼ぶ。打刀は刃を上に向けて腰に差し,太刀は刃を下に向けて腰に吊る。室町時代中期以降,太刀は実戦に用いられることが少い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かた‐な【刀】

《「かた」は片、「な」は刃の古語》
武器として使った片刃の刃物。
江戸時代、武士が脇差(わきざし)とともに差した大刀
太刀の小さいもの。
「我は元より太刀も―も持たず」〈太平記・二〉
小さい刃物。きれもの。
「紙をあまた押し重ねて、いと鈍き―して切るさまは」〈・二五九〉
[下接語](がたな)菖蒲(あやめ)刀一本刀打ち刀押っ取り刀返し刀小刀腰刀・提げ刀・錆(さび)刀反り刀竹刀小さ刀血刀手刀鈍(なまくら)刀腹切り刀懐(ふところ)刀包丁刀枕(まくら)刀守り刀山刀

とう〔タウ〕【刀】

かたな。刀剣。「を構える」「日本
解剖・手術などに使う小刀。メス。
「渠(かれ)が―を下すべき貴船伯爵夫人の手術をば」〈鏡花・外科室〉

とう【刀】[漢字項目]

[音]トウ(タウ)(呉)(漢) [訓]かたな
学習漢字]2年
〈トウ〉
かたな。刃物。「刀剣刀工牛刀軍刀執刀帯刀短刀鈍刀抜刀木刀彫刻刀
古代中国で、刀の形をした貨幣。「刀銭刀布
〈かたな(がたな)〉「刀傷小刀腰刀手刀
[難読]剃刀(かみそり)・竹刀(しない)・大刀(たち)太刀(たち)刀自(とじ)長刀(なぎなた)薙刀(なぎなた)眉尖刀(なぎなた)刀豆(なたまめ)佩刀(はかし)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かたな【刀】

広義には日本刀全体を指すこともあるが,狭義には刃を上向きにして腰にさす2尺(60.6cm)以上の刀身のもののみを刀という。これに対して,刃を下方にして腰に下げるものを太刀(たち)という。もともと刀とは《和名抄》調度部征戦具に〈似剣而一刃曰刀,都牢反,大刀太知,小刀加太奈〉とあるように,両刃に対して片刃のものを総称していたようである。しかし,記紀や《東大寺献物帳》などの用例をみると,必ずしも区別して用いられておらず,片刃のものでも剣の字をあてている場合もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かたな【刀】

〔「かた」は片、「な」は刃の意〕
武器として用いる刃物。
(両刃もろはの「剣つるぎ」に対して)細長い片刃の刃物。
(短い「脇差わきざし」に対して)長い刃物。大刀だいとう
(長い「太刀たち」に対して)小形の護身用の刃物。腰刀こしがたな。短刀。 「我は元来、太刀も-も持たず/太平記 2
小さい刃物。小刀こがたな。 「よき細工は、少し鈍き-をつかふ/徒然 229

とう【刀】

かたな。刀剣。ナイフ。
解剖・手術用の小刀。メス。
中国古代の青銅貨幣の一。 → 刀銭

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


かたな

ものを切るのに適したように片刃にこしらえた武器。刺突用に両刃にこしらえた武器は剣という。刀身の長さが60センチメートル以上のものを太刀(たち)・刀、30~60センチメートル未満のものを脇差(わきざし)、30センチメートル未満のものを短刀とよび分ける。明治以後の海軍の長剣や短剣、巡査のサーベルの類は日本古来のものとは別種である。[尾島兼一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【刀剣】より

…刀は切るに便利な片刃の武器であり,剣は突くに便利な両刃の武器である。日本でも《和名抄》調度部征戦具に,刀は〈似剣而一刃曰刀〉,剣は〈似刀而両刃曰剣〉とあるように,片刃のものを刀,両刃のものを剣として,形体を区別するものであった。…

【日本刀】より

…日本固有の方法で製作された刀剣。日本刀という呼名は,日本画などと同様比較的新しく,ほぼ幕末以降のことである(中国での古い使用例としては宋代の欧陽修に《日本刀歌》の詩がある)。…

【刃物】より

…二つの面が鋭く交わる刃先cutting edgeによって,切り,削り,彫る道具の総称。剣のように身の両側に刃がつくものを諸刃(もろは)または両刃(りようば),刀のようにその片側に刃がつくものを片(偏)刃(かたは)と呼ぶ。こうした呼び分けは,日本では奈良時代以来行われ,〈かたな〉の語も片刃(〈な〉は刃の古称)に由来する。…

【武器】より

…つづいて文化の先進地域であったオリエントがまず青銅器時代に入る。それは前3000年ころとされており,やがてこの新しい文化の波はヨーロッパにも押しよせて,短刀や斧,槍などの利器類を中心とする銅器,青銅器が製作される。この点は,東アジアの青銅器文化が祭祀用具を中心としていたのと,際だった違いを見せている。…

【脇指】より

…脇差とも書く。太刀を帯びたとき,脇に指し添えたため,脇刀(わきがたな),腰刀(こしがたな)などともいう。室町時代末期以降,打刀(うちがたな)が盛行すると,打刀拵(こしらえ)と同形式の短い拵を添えるようになり,これが江戸時代に入って大小となって,大を刀,小を脇指というようになった。…

【武器】より

…つづいて文化の先進地域であったオリエントがまず青銅器時代に入る。それは前3000年ころとされており,やがてこの新しい文化の波はヨーロッパにも押しよせて,短刀や斧,槍などの利器類を中心とする銅器,青銅器が製作される。この点は,東アジアの青銅器文化が祭祀用具を中心としていたのと,際だった違いを見せている。…

※「刀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

刀の関連情報