刀布(読み)トウフ

精選版 日本国語大辞典の解説

とう‐ふ タウ‥【刀布】

〘名〙 中国、周・戦国時代に用いられた貨幣である銭・銭。転じて、ぜに。かね。通貨。〔名物六帖(1727‐77)〕 〔管子‐国蓄〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の刀布の言及

【商業】より

… 商業は当然のこととして貨幣の使用をともなったが,古代において貨幣として選ばれたのは,貝,小刀,鏟(せん),織物などであった。そのうち,小刀と鏟は銅で小型の模造品が作られ,刀布と呼ばれた。秦の始皇帝が半両銭を鋳造して以来,歴代一貫して流通したのは銅銭である。…

※「刀布」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android