コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刀銭 とうせんDao-qian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

刀銭
とうせん
Dao-qian

中国,春秋時代末期から戦国時代にかけて用いられた刀子形の銅貨。尖首明刀,円首刀,方首刀,斉刀の名称で呼ばれる各種がある。尖首刀は標準型,超尖首型に分れ,前者は春秋中期より,後者は春秋末期よりの領域で用いられた。また,尖首刀のなかで半截型といわれる特異なものは,で用いられたと考えられる。明刀は,「明」の銘をもつ刀銭で3類に分れ,第1類は,春秋末期から漢代にかけて主として燕で,第2類は春秋末期から斉とで,第3類は戦国初頭から燕で使われたと考えられる。円首刀は趙で,方首刀はで,それぞれ発行された貨幣で,いずれも戦国期の貨幣とされる。斉刀は斉の戦国期の貨幣で,「斉之法化」「即墨之法化」などの銘がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

刀銭【とうせん】

中国古代の青銅製刀子形貨幣。形状から,尖首刀,斉刀,明刀(方首刀),円首刀の4種類に分けられる。鋳造・使用年代は,春秋末から漢初,流通地域は,燕,斉と趙,魏の一部に限られていたと思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

とうせん【刀銭】

中国古代の青銅貨幣の一種。刀子とうすにかたどり、戦国時代を中心に燕・斉など主に河北・山東で使われた。刀貨。刀幣。刀。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

刀銭
とうせん

包丁形をした、中国、春秋戦国時代の青銅貨幣。刀銭の名称は、その形が「刀子(とうす)」とよばれる刃物の形を写していることにある。刀貨、刀幣も同じ意味。刀銭は燕(えん)、斉(せい)、趙(ちょう)、魏(ぎ)で鋳造されたが、流通地域はかなりの広がりをもっている。形と銘のうえから、尖首刀(せんしゅとう)(燕)、明刀(めいとう)銭(燕、斉、趙)、斉刀(せいとう)(斉)、円首刀(趙)、方首刀(魏)の5種に大別される。尖首刀はその名の示すとおり先端の尖(とが)った刀銭で、もっとも早く春秋時代に鋳造されたと考えられる。明刀銭は「明」の字の形によって3種に分けられるが、明刀第一類、第二類が古く、第三類が新しいと考えられている。第三類は戦国時代から漢代に至るまで流通したと考えられ、出土量がもっとも多い。また斉刀は尖首刀の影響下に斉の領域で戦国時代初期に鋳造されたもので、「斉之法化」「即墨之法化」などの銘がみられる。[飯島武次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の刀銭の言及

【刀貨】より

…中国,春秋戦国時代に主として黄河下流域で流通した小刀形の貨幣の総称。刀銭ともいう。普通,流通地域によって明刀と斉刀に大別する。…

【明刀銭】より

…中国古代の刀形貨幣(刀貨)の一種で,戦国時代の燕国で通用した銅貨。春秋時代に山東半島を支配した斉国で刀子(とうす)の形を青銅で鋳造した刀銭がおこり,北京を中心とする燕国に伝わったものとされている。燕国の刀銭は刀身に〈明〉に似た文字を鋳出していることから,俗に明刀銭とよばれている。…

※「刀銭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

刀銭の関連キーワード鬭・倒・偸・党・冬・凍・刀・到・唐・塔・套・島・当・悼・投・搭・東・桃・桐・棟・湯・滔・濤・灯・燈・當・痘・登・盗・盜・祷・禱・稲・稻・等・筒・答・糖・納・統・蕩・藤・討・読・謄・豆・踏・蹈・逃・透・闘・陶・韜・頭・騰・黨細竹里遺跡明刀銭古泉匯貔子窩河北山東一種貝貨布銭刀布

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android