分子免疫学(読み)ぶんしめんえきがく(英語表記)molecular immunology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分子免疫学
ぶんしめんえきがく
molecular immunology

免疫メカニズム遺伝子 DNA (→デオキシリボ核酸 ) のレベルから研究する生命科学の新しい学問領域。日本人で初めてノーベル生理学・医学賞を受賞 (1987) した利根川進によって創設された。利根川は免疫抗体をつくる遺伝子 DNAが個体の発生,分化の過程でダイナミックに再構成されるという事実を発見した。これにより,1個体の中で,限られた種類の遺伝子から,構造の違う無数の抗体分子がつくられるという免疫現象の謎が解けた。その後,T細胞受容体などの研究を通じて,免疫現象のより深い理解と探索が始まっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶんし‐めんえきがく【分子免疫学】

免疫の仕組みを細胞・分子・遺伝子のレベルで研究する学問分野。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android