コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分散剤 ぶんさんざいdispersing agent; dispersant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分散剤
ぶんさんざい
dispersing agent; dispersant

液体中で凝集している粉末粒子を,ばらばらの独立した粒子にするために用いる薬剤。石灰,ソーダ灰ケイ酸ソーダデンプン,膠 (にかわ) ,ゼラチン,タンニン,ケブラチョなど各種のものがある。浮選剤として重要な役割を果す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

分散剤

 物質を液体などに分散させるために使う薬剤.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ぶんさんざい【分散剤】

固体の微粒子を液体中へ分散させたり、分散の安定性を得たりするために用いる薬剤。墨汁で炭素の微粒子を水中に分散するための膠にかわなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

分散剤の関連キーワードコールオイル・ミクスチャートリエタノールアミン三リン酸ナトリウムエマルジョン塗料アニオン活性剤セメント注入法エンジンオイルメタリン酸塩ローション剤逆性せっけんモーター油エンジン油セルロース化学繊維紙ロート油アート紙乾燥食品水性塗料分散染料蛍光塗料

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android