コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分散型発電 ぶんさんがたはつでん distributed energy generation

1件 の用語解説(分散型発電の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

分散型発電

エネルギー需要地の近くで発電する、損失の小さいエネルギー供給法。従来の、大規模発電・遠距離送電が抱える送電ロスを回避できる。住宅の屋根の太陽電池、農場の近くの風力発電やバイオガス装置、都市内のビル、集合住宅天然ガスから電力と熱を供給するエンジン発電や、マイクロガスタービンなどのコジェネレーションがこれに当たる。低落差・小水量が特徴の、出力1万kW以下の小規模水力発電の潜在的能力は高く、再認識の動きがある。

(槌屋治紀 システム技術研究所所長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

分散型発電の関連キーワードエネルギー準位エネルギー代謝核エネルギー熱エネルギー長期エネルギー需給見通し一次エネルギー二次エネルギーエネルギー学吸収エネルギー圧損失の式

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

分散型発電の関連情報