分権による集権(読み)ぶんけんによるしゅうけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分権による集権
ぶんけんによるしゅうけん

実施の権限組織底辺に分散されながら,この権限の行使を規制する強い影響力が組織の頂点に集中されている構造。主として中央政府地方政府の関係において現れる。地方行政実質ないし形式的に地方住民の手にゆだねる必要と中央で統制する必要を両立させるための方法である。 J.S.ミルが提唱したものであって,現在さまざまな形態で実施されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android