コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切って キッテ

デジタル大辞泉の解説

きっ‐て【切って】

[接尾]場所・グループを表す名詞に付いて、その範囲の中で最もすぐれていることを表す。…の中でいちばん。「野球界切っての理論家」「その界隈(かいわい)切ってのあばれんぼう」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きって【切って】

( 接尾 )
地域・場所を表す語に付いて、その範囲の中でもっともすぐれている意を表す。 「この界わい-の美男子」 「駿遠三から美濃尾張、江州-子供までその名を知られた義賊の張本/歌舞伎・青砥稿」 〔現代語では、一般に「きっての」の形で用いられる。「社内-の事情通」〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

切っての関連キーワードフルーツカクテルミニッツステーキダイアピル花崗岩チキンナゲットポテトチップス切って落とすからから天気九字護身法切干し大根Wクラッチ生らな切ろ鉈を振るう火蓋を切る試し斬り掘り炬燵小口切りカクテキ玉章豆腐手拭い地トースト

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

切っての関連情報