コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒビ

デジタル大辞泉の解説

ひび【×罅】

《「皹(ひび)」と同語源》
陶器・ガラス・骨などにできる、細かい割れ目。
心身・人間関係などに生じた故障・不和などをたとえていう語。「友情に―が入る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひび【罅】

〔「ひび(皹)」と同源〕
陶器・ガラス・壁・骨などにできる細かな割れ目。ひびり。
人間関係が気まずくなること。
身体に故障が起こること。
[句項目] 罅が入る

ひびり【罅】

ひび(罅)」に同じ。

ひびれ【罅】

裂け目。割れ目。ひび。 「 -ガイル/ヘボン 三版

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

罅の関連キーワード博多うまいものはうまい。霧島 志比田工場原酒ペディオニーテ火山外部構造皹・皸・胼側面割れ目うわぐすりヴェナイト貫乳・貫入明延鉱山鉱染作用足尾鉱山生野鉱山火山地裂充塡鉱床火山裂罅裂け目罅たけ罅割れヘボン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android