概数(読み)がいすう

日本大百科全書(ニッポニカ)「概数」の解説

概数
がいすう

くわしい値に対して、それに近くて、ある位から下には端下(はした)のついてないおおよその数をいう。高校入学者数は、1979年(昭和54)には154万1753人で、80年には162万8069人であるが、これらを10万の位までの数でいえば、それぞれ150万、160万となる。このように概数をとることを、端下を「丸める」ともいうが、その方法には「切り捨て」「切り上げ」「四捨五入」の三つがある。切り捨ては、ある位より下の端下を0とみなす方法で、万未満(1万より小さい数ということであるが、1万は含めない)の端下を切り捨てれば、前記の数値はそれぞれ154万、162万となる。切り上げは、ある位より下の端下をその位の1とみなす方法で、万未満の端下を切り上げれば、前記の数値は、それぞれ155万、163万となる。四捨五入は、ある位の次の位の数が5以上(5または5より大きい)のときは切り上げ、4以下(4または4より小さい、すなわち5未満)のときは切り捨てる方法で、前記の数値の万未満を四捨五入すれば、それぞれ154万、163万となる(「以上」と「未満」は一方が他方の否定になっている。「以下」の否定を示す語として「を超え」という語が使われることもある)。入学者数の年間の変化は
  163-154=9, 9÷154=0.06
と概数を用いた計算で、9万人の増であり、で6%となることがわかる。概数を用いた計算を概算というが、概数、概算は大局的に考えたり話したりするうえで有効である。

島田 

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「概数」の解説

がい‐すう【概数】

〙 おおよその数。だいたいの数量。低い位の数を、切り捨て、切り上げ、四捨五入して得られる数。
※条約改正論(1889)〈島田三郎〉四「精細の計算は実新を検したる後に非れば何人も之を知る能はずと雖、概数は則ち前述の如くならんことを信ず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「概数」の解説

がい‐すう【概数】

切り上げ・切り捨て・四捨五入などによって表される、おおよその数。「概数をつかむ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android