コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切捨御免 きりすてごめん

2件 の用語解説(切捨御免の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きりすてごめん【切捨御免】

江戸時代,武士の有した身分的特権の一つ。無礼におよんだ庶民を切害すること,すなわち無礼討の許容である。諸藩でも認められたが,幕府は《公事方御定書》の殺人・傷害の条項中に先例を成文化し,町人・百姓が法外の雑言など不届きな行為に出た場合,やむをえずこれを切り殺した武士は,たとえ足軽などの軽輩であれ,刑事責任なきものとした。事情分明でなければならず,したがって目撃者の存在は欠かせなかった。これらの要件を満たし,身元定かな加害者には,正式な裁判も行われない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

切捨御免
きりすてごめん

江戸時代、武士の特権を意味した語。打捨(うちすて)、討捨、伐捨(きりすて)ともいう。当時、武士の特権は刀に象徴されたが、農民・町人が武士に非礼をした場合、切り捨ててもよかった。しかし、無制限の切捨が許されたわけではなく、事後に取調べがあり、武士に正当な理由がないと認められた場合は処罰された。その意味で、このことばは武士の特権を象徴的に表したものである。[藤野 保]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

切捨御免の関連キーワード神人閏刑第三身分外城特権兵農分離布衣名字帯刀武士の道切捨て御免

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone