コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

減資 げんし

7件 の用語解説(減資の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

減資

企業が資本金を減らす措置のこと。多くは大きな損失を出したり、赤字が累積した企業が取る手段。経営が悪化した企業は剰余金や法定準備金で損失を埋めるが、それでも足りないときは資本金を取り崩して損失を穴埋めすることになる。減資をする際には、株主総会での決議が必要となる。資本項目を変更するだけの形式的なものと、資本金の減少と同時に資産も減る実質的なものがある。前者が損失の穴埋めなどに利用される。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

げん‐し【減資】

[名](スル)株式会社が資本金をへらすこと。⇔増資

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

株式公開用語辞典の解説

減資

株式会社が資本金を減らすことを意味します。

出典|株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント
株式公開用語辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

げんし【減資】

株式会社または有限会社において資本の額を減少させること。資本減少の略。会社財産維持の基準である資本の額の減少により,減少後の資本の額を超える会社財産の株主への支払が可能となることがその直接の効果であり,そのことから,減資は,主として,会社財産の一部を株主に返還してその営業規模を縮小する目的(実質上の減資とよばれる),あるいは,経営が悪化して資本の欠損が生じている会社において会社財産の払戻しはせずに資本の額だけ減少させることによって欠損を縮小ないし消滅させ,将来の利益配当を行いやすくする目的(名目上の減資とよばれる)で行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

げんし【減資】

( 名 ) スル
企業が資本金を減ずること。 ↔ 増資

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

減資
げんし

資本金額の減少」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

減資
げんし

株式会社において資本金の額を減少すること。資本減少の略称。物的会社の場合、資本金は会社信用の基礎をなすから、みだりにこれを減少すべきではないが(資本不変の原則)、実際上必要がある場合に、法はきわめて厳重な手続のもとで許容している。より具体的に述べると、減資を行うと、会社の資産規模が縮小し会社の事業基礎に変更を生じさせるために株主に少なからぬ影響を与え、かつ、会社の責任財産の確保の基準の数字を減少させるために債権者に少なからぬ影響を与える。よって、株式会社において減資を行う場合には、原則として、株主総会の決議と債権者異議手続とが必要である。[戸田修三・福原紀彦]

株主総会決議

資本金を減少する場合には、(1)減少する資本金の額、(2)減少する資本金の額の全部または一部を準備金とするときは、その旨および準備金とする額、(3)資本金の額の減少が効力を生ずる日を定めなければならない(会社法447条1項)。この決議は原則として特別決議であるが、資本金の欠損額を填補(てんぽ)するとき(損失を被った会社が現在の資本金のままでは剰余金分配の見込みがないとき、すでに減少している会社財産に資本金の額をあわせ(欠損の填補)、これにより将来の剰余金分配を可能にする目的で行う場合)には株主総会の普通決議で行うことができる(同法309条2項9号)。また、株式会社が株式の発行と同時に資本金の額を減少する場合において、当該資本金の額の減少の効力発生日後(同法447条1項3号、449条6項1号)の資本金の額が当該日前の資本金の額を下回らないときは、事実上減資が生じないので、取締役の決定(取締役会設置会社では取締役会決議)で行うことができる(同法447条3項)。[戸田修三・福原紀彦]

債権者異議手続

株式会社が資本金額を減少する場合には、当該株式会社の債権者は会社に対し、資本金減少について異議を述べることができる。その際、会社は、(1)資本金の額の減少の内容、(2)株式会社の計算書類に関する事項で会社計算規則に定める事項(計算書類の公告、有価証券報告書提出に関する事項など)、(3)債権者が一定の期間(最低1か月)内に異議を述べることができる旨を官報に公告し、かつ、知れている債権者(債権者の所在、債権の原因および内容の大体を会社が知っている債権者。判例は、その債権の存在につき会社と係争中の債権者も該当しないとはかならずしもいえないとしている)には、各別にこれを催告しなければならない(会社法449条1項・2項)。所定の期間内に異議を述べなかった債権者は、当該資本金の額の減少について承認したものとみなされる(同法449条4項)。債権者が期間内に異議を述べたときには、株式会社は、当該債権者に弁済し、もしくは相当の担保を提供するなどを行わなければならない(同法449条5項)。これら債権者異議手続が終了しなければ、資本金の額の減少は効力を生じない(同法449条6項)。[戸田修三・福原紀彦]
『太田達也著『「増資・減資の実務」完全解説――法律・会計・税務のすべて』改訂増補版(2006・税務研究会出版局) ▽勝田一男著『増資・減資の登記マニュアル』(2007・中央経済社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の減資の言及

【資本金】より

…しかし,株主の立場からみれば,株式配当は利益の配当として受け取るはずの金銭を新たに拠出したことを意味し,その分だけ,株主の有限責任の限度が拡大したことになる。 以上に述べた資本金の増加,すなわち増資の場合に対比して,資本金の減少,すなわち減資の場合は,株主の有限責任の限度が縮小することとなるので,商法は主として債権者保護の観点から減資を厳しく規制している(商法375条ないし380条)。減資の手続がとられるのは,通例としては,損失が累積し,欠損金(純資産額が資本金,資本準備金,および利益準備金の合計額を下回る額)が巨額になって,利益準備金と資本準備金とのいずれをもってしても塡補(てんぽ)しえず,減資を最後の手段としている場合である。…

※「減資」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

減資の関連情報