切(り)目縁(読み)キリメエン

精選版 日本国語大辞典の解説

きりめ‐えん【切目縁】

〘名〙 板の張り方による縁の形式の一つ。縁板を敷居と直角方向に張った縁。濡縁(ぬれえん)にみられる。木口縁(こぐちえん)。⇔榑縁(くれえん)
※政談(1727頃)二「家居には床・違棚・書院作り・長押造り・切目縁」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の切(り)目縁の言及

【社寺建築構造】より

…建物内に板張り床が設けられると,必然的に周囲に縁(えん)ができる。縁には,壁面に直角に板を並べた切目縁(きりめえん)と,平行の榑縁(くれえん)があり,前者の方が多い。縁にあがるためには木階がつくられ,正式のものは太い木材を横に積み,簡単なものは板でつくる。…

【簀の子】より

…和風建築の縁には木口縁(こぐちえん)(切目縁(きりめえん))と榑縁(くれえん)とがある。前者は厚板を建物と直角方向に張って板の木口を見せ,後者は板を建物と平行に張ったもので,前者の方が高級である。…

※「切(り)目縁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android