コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濡れ縁 ヌレエン

5件 の用語解説(濡れ縁の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぬれ‐えん【×濡れ縁】

雨戸の敷居の外側に設けられた雨ざらしの縁側。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

リフォーム用語集の解説

濡れ縁

雨風を防ぐ雨戸などの外壁が無く、雨ざらしとなる縁側。雨に濡れるため板と板に隙間を空け水捌けを良くしたり、水切れをよくするために竹を使用したりする。現在は腐食しないアルミを利用した物も多くある。

出典|リフォーム ホームプロ
リフォーム用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぬれえん【濡れ縁】

雨戸の外に張り出した縁側。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ぬれえん【濡れ縁】

和室などの開口部側に設けられる雨ざらしの縁側。木や竹を簀(す)の子のように並べたもので、庭に面するものが一般的。◇「雨(あま)縁」ともいう。

出典|講談社
家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

濡れ縁
ぬれえん

雨戸の敷居の外側に設けられる雨ざらしの縁側。単に「縁」とも、雨ざらしであることから「雨縁(あまえん)」ともいわれる。普通の縁側は、長手方向に縁板を張るが、濡れ縁では縁と直角方向に縁板を張る。これを切目縁(きれめえん)といい、雨水のはけやすいように目透(めす)かし張(ば)りとする。そして通常、外に向かって100分の1程度の水だれ勾配(こうばい)をつける。
 根太(ねだ)を組み、貫(ぬき)を目透かし張りにした簀子(すのこ)縁、貫のかわりに丸竹を並べた竹縁などの種類がある。また、数寄屋(すきや)建築では縁板の継ぎ目に丸竹を挟む方法もある。材質はヒノキがもっともよいが、マツなども使われる。
 近年、椅子(いす)式の生活の普及に伴い、濡れ縁をバルコニーやテラスと同じように、生活空間を外へ延長するための手段と考える場合が少なくない。この場合は、1.2~1.5メートル以上の奥行をもたせ、椅子を置くのに十分な広さをとる必要がある。[中村 仁]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

濡れ縁の関連情報