切見世(読み)きりみせ

世界大百科事典 第2版の解説

きりみせ【切見世】

近世後期の江戸吉原における最下級の女郎屋。各所の岡場所にもあったもので,間口4.5~6尺,奥行2.5~3間の店が5~8軒,長屋形式で続いていたため,局見世(つぼねみせ)(局店),長屋ともいった。1軒1妓を原則とし,抱主は数軒を管理営業した。切(きり)とは時間売りの意で,一切(ひときり)100文が相場であった。この揚代は上級妓のそれの10分の1というものであったが,一切の時間の短いこともあって,その数倍を支払わさせることが多かったようである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

切見世
きりみせ

江戸時代における最下級の女郎屋。店が5~8軒の長屋形式であったから長屋ともいい、また局(つぼね)見世ともいう。ただし、近世前期の局見世は格が高く、これとは別物である。切(きり)とは時間売りの単位を意味し、一切(ひときり)は銭100文を相場としたが、諸種の理由をつけて数倍の料金をとられることが多かった。店は間口が6尺(1尺は約30センチメートル)か4尺5寸で、座敷は2畳ぐらいしかなく、一店に一妓(ぎ)が原則であった。[原島陽一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android