コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初元結 ハツモトユイ

デジタル大辞泉の解説

はつ‐もとゆい〔‐もとゆひ〕【初元結】

元服のときに、髪の髻(もとどり)を結ぶのに用いる紐(ひも)。公卿は紫の組紐を使った。転じて、元服すること。
「いときなき―に長き世をちぎる心は結びこめつや」〈・桐壺〉
元服のときに髪を結ぶこと。また、その役。
「院にて、基隆の三位の播磨守なりし、―し奉りて」〈今鏡・八〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はつもとゆい【初元結】

元服の時、初めて髪の髻もとどりを結ぶこと。また、その紐ひも。公卿は紫の組紐を用いた。 「いときなき-に/源氏 桐壺
元服。 「髪をはやして祝言の、言の葉添ふる-/謡曲・元服曽我」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

初元結 (ハツモトユイ)

植物。キク科の多年草。コンギクの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

世界大百科事典内の初元結の言及

【元服】より

…【中村 義雄】
[中世]
 武家社会では冠に代えて烏帽子(えぼし)を用いたが,これについて《武家名目抄》は〈元は字書に首也と見え,服はすべて身に着るものをいへば,冠にても烏帽子にてもたがふ事なし〉と解釈している。冠を着け,髪型を変えることは初冠,初元結(はつもとゆい)ともいわれたが,いずれも元服を指す。中世武士社会の烏帽子着の儀式は,烏帽子親と烏帽子子との間でおこなわれ,両者の擬制的親子関係は生涯持続された。…

※「初元結」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

初元結の関連キーワード髪を生やす初冠基隆

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android