コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初元結 ハツモトユイ

2件 の用語解説(初元結の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はつ‐もとゆい〔‐もとゆひ〕【初元結】

元服のときに、髪の髻(もとどり)を結ぶのに用いる紐(ひも)。公卿は紫の組紐を使った。転じて、元服すること。
「いときなき―に長き世をちぎる心は結びこめつや」〈・桐壺〉
元服のときに髪を結ぶこと。また、その役。
「院にて、基隆の三位の播磨守なりし、―し奉りて」〈今鏡・八〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の初元結の言及

【元服】より

…【中村 義雄】
[中世]
 武家社会では冠に代えて烏帽子(えぼし)を用いたが,これについて《武家名目抄》は〈元は字書に首也と見え,服はすべて身に着るものをいへば,冠にても烏帽子にてもたがふ事なし〉と解釈している。冠を着け,髪型を変えることは初冠,初元結(はつもとゆい)ともいわれたが,いずれも元服を指す。中世武士社会の烏帽子着の儀式は,烏帽子親と烏帽子子との間でおこなわれ,両者の擬制的親子関係は生涯持続された。…

※「初元結」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone