(読み)ウイ

デジタル大辞泉の解説

うい〔うひ〕【初】

[名]最初。初め。
「我はけさ―にぞ見つる花の色をあだなるものといふべかりけり」〈古今・物名〉
[接頭]名詞に付いて、初めての、最初の、の意を表す。「産」「陣」「孫(まご)」

うぶ【初/初心/産/生】

[名・形動]
(初・初心)世間ずれがしていないこと。ういういしいこと。また、そのさま。「そのまま信じるほど―ではない」
(初・初心)まだ男女の情を解しないさま。「―な娘」
(産・生)
㋐生まれたときのままであるさま。
「人間らしい崇高な生地を―の儘有(も)っているか解らないぜ」〈漱石明暗
㋑自然のままであること。また、つくられたままであること。
「品が―で、胡粉(ごふん)一つ剝げてないなんてものは」〈魯庵社会百面相
㋒(名詞の上に付けて)生まれたときの。生まれたときのままの。「―」「―毛」

しょ【初】[漢字項目]

[音]ショ(漢) [訓]はじめ はじめて はつ うい そめる うぶ
学習漢字]4年
〈ショ〉
物事のはじめ。はじめの時期・段階。「初夏初期初級初心初代初頭初歩最初太初当初年初
その時はじめて。経験上はじめての。「初学初見初婚初任初対面
〈はつ〉「初恋初耳初雪
〈うい〉「初陣
[名のり]もと

はつ【初】

初めてであること。初め。最初。「日本人の宇宙飛行士」「の試み」
名詞の上に付けて接頭語的に用い、初めての、新しい、などの意を表す。「公判」「霜」「春」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

はつ

1761-1783 江戸時代中期の女性。
宝暦11年生まれ。讃岐(さぬき)菅沢(高松市)の農民与七郎の養女。養父の甥(おい)八兵衛を婿にむかえ,2子を生む。夫が養母に虐待され家をでたあと,再婚をすすめられたため,子を八兵衛の母に託し操をたてて天明3年3月25日自殺した。23歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うい【初】

最初。初め。 「我はけさ-にぞ見つる花の色を/古今 物名
名詞の上に付いて、「初めての」「最初の」の意を表す。 「 -陣」 「 -孫」 「 -産」

はつ【初】

最初。はじめて。 「お-にお目にかかる」 「 -の成功」
名詞の上に付けて接頭語的に用い、はじめての、あるいは新しいの意を表す。また、その年はじめてのという意を表すことも多い。 「 -公開」 「 -節句」 「 -がつお」 「 -詣で」 「 -仕事」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初の関連情報