初岡敬治(読み)はつおか けいじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

初岡敬治 はつおか-けいじ

1829-1872* 幕末の武士。
文政12年4月15日生まれ。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩士。勤王家として重用され,戊辰(ぼしん)戦争では評定奉行副役格。戦後,権(ごんの)大参事などをつとめたが,愛宕通旭(おたぎ-みちてる)らの反政府陰謀に加担したとされ,明治4年12月3日東京で処刑された。43歳。本姓小貫。名は綱正。号は孤松,冬松。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android