コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初春狂言 ハツハルキョウゲン

デジタル大辞泉の解説

はつはる‐きょうげん〔‐キヤウゲン〕【初春狂言】

歌舞伎で、正月に上演する狂言。また、その興行。古くは正月2日を初日としたが、のち15日などになり、江戸では曽我(そが)狂言を演じる慣習があった。京坂では二の替わりといった。春狂言。春芝居。初春興行。 新年》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はつはるきょうげん【初春狂言】

正月に興行する歌舞伎狂言。江戸時代、年間の興行のうち、重要なものの一。春芝居。春狂言。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の初春狂言の言及

【曾我物】より

…近松門左衛門も人形浄瑠璃のために書いたが,歌舞伎では,江戸の荒事が五郎という人物を典型化したので,代々の市川団十郎がこの役を演じた。元禄(1688‐1704)ごろの上方では,〈盆曾我〉といって7月に曾我物を上演する慣習があったが,1709年(宝永6)以後江戸では正月に曾我を演ずることが多く,享保(1716‐36)ごろからは初春の吉例となって三座ともに必ず曾我狂言を上演する習慣が生まれ(初春狂言),まったく別の世界の人物に対しても,実は曾我五郎という筋にしたりすることになった。歌舞伎十八番の《助六由縁江戸桜》の主人公が実は五郎というのはその一例である。…

※「初春狂言」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

初春狂言の関連キーワード神明恵和合取組芝居年中行事歌舞伎狂言曽我の対面曽我狂言江戸時代帯引物道行物仇討物草摺引矢の根見立て初芝居曾我祭年間

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android