コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初期磁化率 しょきじかりつinitial magnetic susceptibility

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

初期磁化率
しょきじかりつ
initial magnetic susceptibility

磁化曲線の初期磁化の範囲で強磁性体がもつ磁化率。純粋な結晶体ではほぼ一定値をもつが,通常作製の過程でのいろいろな条件や形状に強く依存する。たとえば鉄の初期磁化率は製作条件により数百から1万の間で変動する。そのほか,パーマロイで 8000,センダストで約3万である。パーミンバーは約 850であるが初期磁化の範囲が大きい。変圧器チョークコイルなどは初期磁化の範囲で使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android