コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初期磁化率 しょきじかりつinitial magnetic susceptibility

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

初期磁化率
しょきじかりつ
initial magnetic susceptibility

磁化曲線の初期磁化の範囲で強磁性体がもつ磁化率。純粋な結晶体ではほぼ一定値をもつが,通常作製の過程でのいろいろな条件や形状に強く依存する。たとえば鉄の初期磁化率は製作条件により数百から1万の間で変動する。そのほか,パーマロイで 8000,センダストで約3万である。パーミンバーは約 850であるが初期磁化の範囲が大きい。変圧器チョークコイルなどは初期磁化の範囲で使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょき‐じかりつ〔‐ジクワリツ〕【初期磁化率】

初磁化率

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例