コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初期臨床研修 ショキリンショウケンシュウ

1件 の用語解説(初期臨床研修の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょき‐りんしょうけんしゅう〔‐リンシヤウケンシウ〕【初期臨床研修】

医師免許取得者を対象とする臨床研修。医師法により、診療に従事しようとする医師は、大学病院または厚生労働大臣の指定する病院で2年間以上の臨床研修を受けることが義務付けられている。医師として必要な姿勢・態度、専門分野に限らず日常の一般的な診療に適切に対応できる基本的な診療能力を身につけることが目的。研修医は指導医のもとで診療にあたる。内科・救急部門・地域医療の3科目が必修、さらに外科・麻酔科・小児科産婦人科・精神科から2科目を選択する。初期臨床研修医はジュニアレジデント・スーパーローテーターなどと呼ばれる。→医師臨床研修制度後期臨床研修制度
[補説]医師の臨床研修は、以前は努力義務だったが、平成16年(2004)に見直され、2年間の初期臨床研修が義務化された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

初期臨床研修の関連情報