初祖(読み)ショソ

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙 家系・血統の初代。流派の初代。
※興禅護国論(1198)上「大宋高僧伝云、有顕・密・心三教、顕教摩騰為初祖、密教金剛智為初祖、心教達磨為初祖」 〔蘇軾‐寄劉孝叔詩〕
[2]
[一] 禅宗で、開祖達磨(だるま)大師のこと。
※詩聖堂詩集‐二編(1828)九・偶成「少林初祖笛無孔、栗里先生琴没絃」
[二] 肩衝(かたつき)茶入。小堀遠州の選んだ中興名物の一つ。堀正意(杏庵)作。同じ作者の同型の茶入のうち、最もすぐれているところからいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android