初祖(読み)ショソ

精選版 日本国語大辞典の解説

しょ‐そ【初祖】

[1] 〘名〙 家系・血統の初代。流派の初代。
興禅護国論(1198)上「大宋高僧伝云、有顕・密・心三教、顕教摩騰為初祖、密教金剛智為初祖、心教達磨為初祖」 〔蘇軾‐寄劉孝叔詩〕
[2]
[一] 禅宗で、開祖達磨(だるま)大師のこと。
※詩聖堂詩集‐二編(1828)九・偶成「少林初祖笛無孔、栗里先生琴没絃」
[二] 肩衝(かたつき)茶入。小堀遠州の選んだ中興名物の一つ。堀正意(杏庵)作。同じ作者の同型の茶入のうち、最もすぐれているところからいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初祖の関連情報