初草(読み)ハツグサ

デジタル大辞泉の解説

はつ‐ぐさ【初草】

春の初めにもえ出る草。若草。
「―のなどめづらしき言の葉ぞ」〈伊勢・四九〉
幼い子などのたとえにいう。
「―のおひゆく末も知らぬ間にいかでか露の消えむとすらむ」〈若紫

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android