初雁(読み)ハツカリ

精選版 日本国語大辞典の解説

はつ‐かり【初雁】

〘名〙 秋に、その年初めて北方から渡って来る雁。はつかりがね。はつがん。《季・秋》
※万葉(8C後)八・一六一四「九月のその始雁(はつかり)の使にも思ふ心は聞こえ来ぬかも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報