コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初雁 ハツカリ

デジタル大辞泉の解説

はつ‐かり【初×雁】

秋になって最初に北方から渡ってきた。はつかりがね。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はつかり【初雁】

秋、北方から最初に渡って来る雁。はつかりがね。 [季] 秋。 《 -や月のほとりより顕はるゝ /樗良 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

初雁の関連キーワード傾城(歌舞伎舞踊)初雁が音・初雁日本のおもな城相原 求一朗西下 経一川越[市]軽部烏頭子サツマイモ川越(市)阿部 筲人ものから郷土菓子大友黒主アプタン雲居の峰初雁が音傾城物由来石鳥料理初雁城

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初雁の関連情報