初雁(読み)はつかり

精選版 日本国語大辞典「初雁」の解説

はつ‐かり【初雁】

〘名〙 に、その年初めて北方から渡って来る。はつかりがね。はつがん。《季・秋》
万葉(8C後)八・一六一四「九月のその始雁(はつかり)使にも思ふ心は聞こえ来ぬかも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android