コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雁が音/雁金/雁 カリガネ

デジタル大辞泉の解説

かり‐が‐ね【×雁が音/×雁金/×雁】

ガンの鳴く声。また、ガン別名 秋》
ガンを図案化した紋所の名。
カモ科の鳥。全長約60センチ。全体に暗褐色で、足は橙黄色、額が白く、目の周囲が黄色。ユーラシア北部で繁殖し、日本には冬鳥としてマガンにまじって少数飛来

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の雁が音/雁金/雁の言及

【緑茶】より

…ともに,もとの茶が良質であれば品質はよく,芽茶,茎茶は〈さしがきく〉といって,繰り返し湯を注いでも味の出るものが多い。雁が音(かりがね),白折(しらおり)などと呼ばれるものは挽茶から選別された茎茶で,くずとはいえ高級品で価格も高い。また,ほうじ茶は番茶や煎茶を強火で焙焼(ばいしよう)したもの,玄米茶はこれに蒸して炒った玄米を加えたもので,いずれも焙焼による香気と軽快な味が喜ばれる。…

※「雁が音/雁金/雁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雁が音/雁金/雁の関連キーワード立ち渡るカリガネ暗褐色ぬがに橙黄色斑霜がに紋所全長

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android