コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初雪たけ

デジタル大辞泉プラスの解説

初雪たけ

青森県三戸郡田子町で生産されるナメコ。傘の大きさ1~2.5cm、軸は長く色は白。味はあっさりとして香りよく、煮くずれしにくい。十和田市で発見された突然変異のナメコから、青森県林業試験場が品種改良を重ねて誕生した同県固有の品種。品種名は「青NW1号」。2002年に品種登録。名称は初雪のような色合いから。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

初雪たけ[菌類]
はつゆきたけ

東北地方、青森県の地域ブランド。
三戸郡田子町で生産されている。1975(昭和50)年から青森県林業試験場が品種改良を重ねて誕生した白いなめこ。鉄分は、しいたけの約3倍と豊富。また、抗がん作用の成分を含むことが、弘前大学医学部の研究により確認されている。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

初雪たけの関連キーワード青森県三戸郡田子町東北地方

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android