コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初霞 ハツガスミ

デジタル大辞泉の解説

はつ‐がすみ【初×霞】

新春の野山にたなびく 新年》「―川は南へ流れけり/月斗

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

はつがすみ【初霞】

奈良の日本酒。酒名は、年が明けて初めてたなびく霞のことで、酒の異名「霞」にちなみ命名。純米大吟醸酒純米吟醸酒、純米酒がある。原料米は五百万石、日本晴など。仕込み水は吉野山系の伏流水。蔵元の「久保本家酒造」は元禄15年(1702)創業。所在地は宇陀市大宇陀区出新。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

大辞林 第三版の解説

はつがすみ【初霞】

初春の頃に立つ霞。 [季] 新年。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

初霞の関連キーワード其俤浅間嶽かっぽれ浅間嶽浅間物新年初春

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android