判官びいき(読み)ほうがんびいき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

判官びいき
ほうがんびいき

悲劇の英雄源義経をひいきすることをいい,さらに広く,英雄に対する尊敬,憧憬の念とその薄幸な生涯に対する同情,ひいきの心情をいう。のちには転じて弱者に対するひいきをもいうようになった。「判官」は義経が検非違使 (けびいし) の尉 (判官) で九郎判官と呼ばれたため。鎌倉,室町時代の義経を描いた判官物は判官びいきの所産であるが,江戸時代の戯曲,小説にもその心情に基づく作品が少くない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

判官びいきの関連情報