コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

判官びいき ほうがんびいき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

判官びいき
ほうがんびいき

悲劇の英雄源義経をひいきすることをいい,さらに広く,英雄に対する尊敬,憧憬の念とその薄幸な生涯に対する同情,ひいきの心情をいう。のちには転じて弱者に対するひいきをもいうようになった。「判官」は義経が検非違使 (けびいし) の尉 (判官) で九郎判官と呼ばれたため。鎌倉,室町時代の義経を描いた判官物は判官びいきの所産であるが,江戸時代の戯曲,小説にもその心情に基づく作品が少くない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

判官びいきの関連キーワードアナウンスメント効果アンダードッグ効果飯岡助五郎義経伝説義経記

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

判官びいきの関連情報