コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

別伝宗分 べつでん そうふん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

別伝宗分 べつでん-そうふん

1599*-1668 江戸時代前期の僧。
慶長3年12月20日生まれ。江戸浅草の曹洞宗(そうとうしゅう)大松寺で出家し,万安英種らにまなぶ。寛文元年深川に蘆村寺を建立,4年臨済(りんざい)宗に転じて市ケ谷月桂寺の月桂雪山の法をつぎ,蘆村寺を慧然寺とあらためた。寛文8年7月24日死去。71歳。安房(あわ)(千葉県)出身。初名は舜貞,のち碩分。俗姓は黒川。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

別伝宗分の関連キーワードオニビシ吉原(遊廓)マーストンガリレイ(年譜)逸然元政守銭奴文字銭八百屋お七夕張岳

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone