コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

別所・別処 べっしょ

大辞林 第三版の解説

べっしょ【別所・別処】

別のところ。別の場所。
〘仏〙 本寺の周辺にあり、修行者が草庵などを建てて集まっている地域。平安後期から鎌倉時代にかけ浄土信仰の興隆とともに盛んになった。
新たに開墾した土地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

別所・別処の関連キーワード浄土信仰鎌倉時代修行者興隆本寺草庵

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android