コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盧照鄰 ろしょうりんLu Zhao-lin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

盧照鄰
ろしょうりん
Lu Zhao-lin

[生]貞観11(637)?
[没]永昌1(689)?
中国,初唐の詩人。幽州范陽 (北京) の人。字,昇之。号,幽憂子。年少時から才学の名が高かったが,20代のなかばで悪疾にかかったため新都 (四川省) の尉を辞し,各地を転々としつつ療養に努めたが好転せず,ついに投水自殺した。王勃楊炯 (ようけい) ,駱賓王とともに「初唐四傑」として「王楊盧駱」と並称される。境遇を反映して厭世的な詩句が多いが,他の3人とともに新しい唐詩の形式と内容を確立するきっかけをつくり,特に駱賓王とともに七言歌行の詩体の完成に貢献した。代表作『長安古意』。詩文集『幽憂子集』 (7巻) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

盧照鄰【ろしょうりん】

中国,初唐の詩人。范陽(河北省)の人。幼少より才学の誉れ高かったが,病身のため,それを苦にして自殺。王勃(おうぼつ),楊烱(ようけい),駱賓王(らくひんのう)とともに初唐の〈四傑〉といわれ,長編の七言歌行にすぐれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ろしょうりん【盧照鄰】

中国初唐の詩人。号は幽憂子。幽州(河北省)の人。駢文に長じ、華麗な歌行体によって名を馳せた。初唐四傑の一。代表作「長安古意」。生没年未詳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

盧照鄰
ろしょうりん
(630?―680?)

中国、初唐の詩人。幽州范陽(はんよう)(河北省(たく)県)の人。字(あざな)は昇之。幽憂子と号す。高祖の子の(とう)王の府に仕えて才能を愛され、のち新都(四川(しせん)省新都県)の尉(い)となったが、病気のためほどなく辞職し、長安の西の太白山中に隠棲(いんせい)した。しかし病気は重くなる一方のため、具茨(ぐし)山(河南省)の麓(ふもと)に移り住み、自分の墓をつくった。そして「釈疾文(しゅくしつぶん)」「五悲」などを著して悲運を痛み、ついには親族と決別して、近くの潁水(えいすい)に身を投げて死んだ。王勃(おうぼつ)、楊炯(ようけい)、駱賓王(らくひんのう)とともに初唐四傑の一人に数えられ、「長安古意」など七言詩に優れた作品を残して、その発展に貢献した。『幽憂子集』7巻がある。[齋藤 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の盧照鄰の言及

【初唐四傑】より

…中国,唐の則天武后の時代のすぐれた詩人4人,王勃(おうぼつ)(649‐676),楊炯(ようけい)(650‐695?),盧照鄰(ろしようりん)(637‐689),駱賓王(らくひんのう)(640?‐684?)をいう。略して王楊盧駱ともいう。…

※「盧照鄰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

盧照鄰の関連キーワード劉希夷七言詩孫思邈張若虚律詩駢文

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android